記事一覧

ロレックス デイトナとは?

ロレックス デイトナの正式名称は「オイスターパーペチュアル コスモグラフ デイトナ」です。

1963年にこの名が誕生しますが、当時世界を席捲していたモーターレースと宇宙開発への夢を馳せて生み出された背景がこの名前から垣間見ることができます。すなわち、ラテン語で宇宙を意味するcosmoとchronographが融合した名機である、と。

なお、初期デイトナには文字盤のモデル名にデイトナ表記がなく「コスモグラフ」オンリーの個体もあります。

当時アメリカ・旧ソ連で宇宙開発競争が繰り広げられていたこと。人工衛星や有人飛行が現実のものとなりつつあったことから、「宇宙」市場でのシェア拡大を目指してこの名前が付けられたのではないでしょうか。

実際にはデイトナにそう高い宇宙との関連性はありません。

しかしながら同じく当時世界中で盛んに開催されていたモーターレース分野において、その才能を開花させることとなります。

1962年、アメリカ フロリダ州のデイトナ・インターナショナル・スピードウェイのオフィシャルタイムキーパーに就任したロレックスは、翌年新たにモデル名にデイトナを加え、レーシングスピリットを全面に押し出したプロモーションを行いました。

これが功を奏し、以降、ロレックスの銘クロノグラフとして認知されていきます。

超激安 ロレックス デイトナ 6263 コピー レプリカ MK1ダイヤル 黑

品番:6263

ブレスレットの最大幅 約18cm
ケース素材ステンレススチール
ブレス素材ステンレススチール
ベゼルタキメーター
ブレスタイプオイスターブレス
風防プラスチック
ケース径37mm
ケース厚13.5mm
ムーブメント手巻き
キャリバーCal.727
振動数21,600振動
パワーリザーブ50時間
手巻デイトナの最終型で、クラシックな雰囲気のプラスチックベゼルを備えた人気モデル。コンディションの良いモデルは希少です。
シリアル番号から1979年頃製造のモデルと思われます。
ヴィンテージとして良好なコンディションを保っています。

もっともデイトナはロレックススーパーコピーの巧みなマーケティングによってのみ成功したのかと言うと、そうではありません。

ロレックスは同時代の人気時計ブランドと比べるとクロノグラフ分野では後発と言われていますが、現在に続くクロノグラフ・デザインの礎を築いたことは事実です。

現在のクロノグラフウォッチの多くがタキメーターベゼルを備えていますね。このアイコンを生み出したのがロレックスと言われています。1960年代当時は文字盤インナー部分にタキメーターを印字することが一般的だったのですが、ロレックスはこれをベゼル部分に分離させ、優れた視認性を獲得しました。

また、インダイアルと文字盤のカラーに濃淡をつける、いわゆる「パンダ顔」もまた視認性を高めるためにロレックスがデザインコードに加えた仕様ですが、同様に高い視認性を生み出す結果に。この視認性のための工夫はアイコニックなデザインをも作り上げ、結果として現在に続くデイトナの絶対人気を築き上げることとなりました。

速い段階で防水性能を有したオイスターケースを採用したことと相まって、ロレックスが伝統的に実用時計の最高峰ブランドであった事実もまた垣間見えますね。

そんなデイトナは、1963年以降、大きく六つの世代に分けることができます。

パテック・フィリップ、リシャール・ミル、オーデマピゲ──文字盤が鮮やかで美しい!

2022年の新作時計3選

時計ジャーナリストが「2022年の新作時計、カラー文字盤を選ぶなら?」のテーマに答えた。

1.パテック・フィリップ スーパーコピー アニュアルカレンダー 5905/1A-001

カレンダーは左から曜日、日付、月を窓で表示。6時位置のクロノグラフ積算計は時針と分針を同軸に設けることで、時間を読むように経過時間を容易に知ることが出来ます。
特許取得の年次カレンダーは、月末が30日および31日の月を自動的に判別し、1年に1回、3月1日にのみ日付調整が必要です。
型番 5905/1A-001
機械 自動巻き
材質名 ステンレス
ブレス・ストラップ ブレス
タイプ メンズ
カラー グリーン
外装特徴 シースルーバック
ケースサイズ 42.0mm

2.リシャールミル スーパーコピー RM 11-03 2022新作 フライバッククロノグラフマクラーレン

Cal. :RMAC3 自動巻き
Size:49.94×44.50×16.15mm (ムーブサイズ:30.25×28.45×9.00㎜)  
防⽔:50m
ベゼル:オレンジクオーツTPT®xカーボンTPT®
ミドルケース:カーボンTPT®
ケースバック:オレンジクオーツTPT®xカーボンTPT®
インナーベゼル:グレード5 チタン
リューズ:チタン ニューデザイン  オレンジラバーリング
ストラップ:ブラックラバー
RM 11-03は、RMAC3キャリバーを立体構造に仕上げ、その複雑な仕掛けを視覚的に前面に押し出しています。
新作RM 11-03 マクラーレンのケースは、カーボンTPT®とクオーツTPT®製です。クオーツTPT®は600を超えるシリカ繊維層を重ねて作られています。1枚の層は厚さ45ミクロン未満で、リシャール・ミルが独自に開発したマクラーレンカラーであるオレンジのレジンに浸します。そしてカーボンTPT®層の間に挟み、専用の機械で45度ずつずらしながら重ねていきます。続いて120度に過熱し、航空分野で用いられるものと同類の加圧機を使って6気圧の圧力をかけます。その後社内のCNCマシンで加工されます。加工されたクオーツTPT®は独自の模様となり1つとして同じものはありません。
2022年夏発売予定。

3.SS22新作オーデマピゲ コピー ロイヤル オーク クロノグラフ 26239OR.OO.1220OR.01

マニュファクチュールの最新のフライバッククロノグラフ、キャリバー4401を搭載した18Kピンクゴールドのロイヤル オーク クロノグラフ。ブルーの「グランドタペストリー」ダイヤル。
・ケース:
 18Kピンクゴールドケース
 反射防止加工サファイアクリスタルガラス製風防とケースバック
 ねじ込み式リューズ
・ケース幅:41 mm
・防水性:50 m
・ケースの厚さ:12.38 mm
・文字盤:
 「グランドタペストリー」模様のブルーダイヤル
 ピンクゴールドカラーのカウンター
 蓄光処理を施したピンクゴールドのアプライドアワーマーカーとロイヤルオーク針
・ブレスレット:
 18Kピンクゴールドブレスレット
 APフォールディングバックル

【夏に着けたい、新作時計に注目】“ディーゼル ウォッチ”の新作は文字盤デザインで個性を主張

エッジの効いたデザインでトレンドを牽引してきたプレミアム・カジュアル・ブランド、ディーゼル。大胆で独創的なデザインに加えて、シーズンごとに多彩なコレクションを展開しているのも高い人気を集めている理由と言えるだろう。

ロゴ文字盤とブルー文字盤二つの新作をラインナップ

今夏はフラッグシップコレクションであるBABY CHIEF、ミリタリープロダクトからインスパイアされたMS 9をベースに、ブランドロゴを大胆にデザインに取り入れた“ロゴダイアル”と、ブルーをキーカラーにした“ブルーダイアル”と、2種類のサマーコレクションをラインナップ。

同じモデルをベースにしているが、色使いや文字盤のデザインでまったく違ったテイストを楽しめるのが魅力的。夏のコーディネイトのアクセントにぴったりなモデルに仕上げられている。


【今夏に注目の新作時計01:ロゴダイアル】

ポップカラーのブランドロゴをレイアウトした“ロゴダイアル”シリーズは、90年代テイストを感じさせる大胆でグラフィカルなデザインが存在感を主張。メリハリの利いたツートンカラーのデザインがディーゼル ウォッチらしい存在感をアピールしている。

ロゴダイアルは、いずれもブレスレットが採用されており、ポップなデザインに重厚な雰囲気と高級感をプラスしている。

ディーゼル ウォッチ(DIESEL WATCHES)
ベイビーチーフ

文字盤にブランドロゴをレイアウト。ポップカラーのロゴが重厚なデザインにカジュアルな雰囲気をプラスしている。3時位置のメタルパーツもインパクト抜群だ。


ディーゼル ウォッチ(DIESEL WATCHES)
MS 9

アイコンとなっているロゴを含めて、文字盤を凹ませてデザインされたインデックス(ARスコープ表示がモチーフ)が、文字盤に立体的なアクセントをプラス。


【今夏に注目の新作時計02:ブルーダイアル】

もうひとつの“ブルーダイアル”もBABY CHIEF、MS 9をベースとしているが、ディーゼルのルーツであるデニムを連想させるブルーを採用した文字盤がデザインのポイント。

MS 9は文字盤とストラップをブルーで統一。BABY CHIEFはブルーと相性の良いブラウンレザーストラップを組み合わせた。ディーゼルらしい個性を主張しながら、幅広いスタイルで着けられる汎用性の高いデザインに仕上げられている。


ディーゼル ウォッチ(DIESEL WATCHES)
ベイビーチーフ

3時位置のメタルパーツが目を引きつける。傾斜を付けて立体感を際立たせたインデックスリング、レイヤード構造のサブダイアルなど、立体的な造形が魅力的だ。


ディーゼル ウォッチ(DIESEL WATCHES)
MS 9

GIグラス(米軍が兵士に支給する官給メガネ)をイメージし、立体的なデザインを取り入れた風防が個性を主張。サンレイ仕上げのブルー文字盤も存在感抜群だ。

A.ランゲ&ゾーネ伝説のトゥールビヨン角形カバレットで再び

ダイヤルに手作業でダイヤモンド模様伝説のトゥールビヨン角形カバレットで再び時計好きの永遠の憧れ、トゥールビヨンの腕時計。その存在自体がレアだが、角形の搭載モデルとなると、さらに希少。ここに紹介するA.ランゲ&ゾーネの最新作は、数少ない角形の傑作トゥールビヨンだ。同社唯一の角形モデル、カバレットは1997年に登場。2008年、キャリッジ内にあるテンプをリューズを引いて停止させ、押し戻すと再び動き出すストップセコンド付きのトゥールビヨンを開発すると、このカバレット・コレクションから搭載モデルをリリースした。今では伝説となっている時計だが、その後継機にあたる特別限定版が、この「カバレット・トゥールビヨン”ハンドヴェルクスクンスト”」。モデル名から分かるように、このモデルは、3年前に1作目が発表されたハンドヴェルクスクンスト・シリーズの7作目でもある。伝統工芸技術の凄さはダイヤルを見れば一目瞭然。18KWG製の文字盤にはハンドエングレービングでダイヤモンド模様を施し、さらに半透明のエナメル仕上げに。斜めから覗いた時の奥深さは、ハンパではない。ひたすら手間のかかった角形トゥールビヨン。手に入れられるのは30人だけだ。秒単位で停止できるトゥールビヨン!A.ランゲ&ゾーネA. LANGE & SÖHNEカバレット・トゥールビヨン“ハンドヴェルクスクンスト”文字盤もムーブメントも見どころが満載!搭載ムーブメント、自社製のキャリバーL042.1にもダイヤモンド模様が。洋銀製の4分の3プレート。総パーツ数は370個。パワーリザーブは完全巻き上げ状態で120時間。耐震機構付きのチラネジテンプで、毎時2万1600振動。ゴールド製の針とインデックスには、ロジウム仕上げ。世界限定30本。手巻き。29.5×39.2㎜。Ptケース。レザーストラップ。価格は要問い合わせ。問い合わせ:A.ランゲ&ゾーネリューズを引くと、V字形のバネが動き出し、3つあるキャリッジ側面のいずれかに1本のバネアームが当たると、テンプが止まる仕組みに。秒単位の正確さで停止できる。アウトサイズデイトを取り囲む、ハンドエングレービングによるダイヤモンド模様。マシーンで、この立体感を実現することはできない。[時計Begin 2022 autumnの記事を再構成]文・構成/市塚忠義
ゴールデンコンセプト コピー Watch Case - EV40 - Rose Gold

|スペック          

互換性:40mm APPLE WATCH Series 4、5、6 およびSE。

ケース:316Lステンレススチール

ケースサイズ:38mm x 42 mm

防水:APPLE WATCHの防水性に準ずる

ケース厚:12mm

ブレスレット:316Lステンレススチール

重量:69グラム(アップルウォッチを含めて117グラム)

付属品:取扱説明書、時計ケース、ブレスレット、ネジ

※本製品の特性上、心拍数の計測などヘルスケアに関する機能がご使用いただけなくなります。予めご了承の上、ご注意ください。




シャネルコピー H2132プルミエールセラミック ホワイト ダイヤモンド

シャネルCHANELコピー プルミエールセラミック H2132ホワイト ダイヤモンド
タイプ 新品レディース
型番 H2132
機械 クォーツ
材質名 ステンレスセラミック
宝石 ダイヤモンド
文字盤色 ホワイト
ケースサイズ 19.7×15.0mm
付属品 内外箱
ギャランティーシャネルの定番レディースウォッチ「プルミエール」にセラミックを組み合わせたモデルです。セラミックというカジュアルな素材を使用しても、シャネル特有の高級感は健在。元々華やかな印象を与えるモデルですが、ベゼルにダイヤモンドをセッティングしたことにより、一段とお手元での存在感が増しています。



売上額TOP20ウブロ時計スーパーコピー クラシック・フュージョン クロノグラフ ベルルッティ スクリット キングゴールド 521.OX.0500.VR.BER17

売上額TOP20ウブロ時計スーパーコピー クラシック・フュージョン クロノグラフ ベルルッティ スクリット キングゴールド 521.OX.0500.VR.BER17
REF:521.OX.0500.VR.BER17
ケース:キングゴールド
ケースサイズ:45mm
ムーブメント:HUB1143 自動巻 クロノグラフ
防水:5気圧(50m)
文字盤:ベルルッティベネチアレザー
ストラップ:ベルルッティベネチアレザー
限定本数:250本
付属品  内箱、外箱  
今までシンプルな3針モデルに存在したベルルッティとのコラボレーションモデルがクロノグラフとなって再登場!!

【関連記事】:20歳男性が好きなロレックス腕時計TOP 5

800万円台といった価格帯、ノーチラス5990/1A-001

ここ1年、2年ぐらいの間、以前よりも中古売出しを目にする機会が減ったと感じる、5990/1A-001の白文字盤。

パテック・フィリップ5711/1Aの白文字盤とは異なり、バーインデックスや針が銀色で、よりドレッシーな雰囲気を醸し出している1本です。

この5990/1A-001を前回お伝えしたのは、2020年2月でしたが、その際は約370万円といった水準でした。

それに対して現在水準はどうなっているかというと、なんと約813万円とった状況。2年4ヶ月前と比べて、約443万円も値上がりしているのです。

パテック・フィリップ コピー ノーチラス トラベルタイム クロノグラフ 5990/1A-001

■ 品名 : ノーチラス トラベルタイム クロノグラフ
Nautilus Traveltime Chronograph
■ 型番 : Ref.5990/1A-001
■ 素材(ケース) : ステンレススチール
■ 素材(ベルト) : ステンレススチール
■ ダイアルカラー : グレー
■ ムーブメント / No : 自動巻き / Cal.28-520 C FUS
■ 製造年 :
■ 防水性能 : 120m防水
■ サイズ : 40.5 mm(リューズ除く)__ / メンズサイズ
■ ガラス : サファイヤクリスタル風防
■ 仕様 : クロノグラフ / 日付表示 / GMT

この5990/1A-001系統は、この白文字盤に限らず、現在、いずれの文字盤色も800万円台といった価格帯になっている状況です。

とはいえ、黒文字盤と青文字盤が880万円台なのに対し、この白文字盤は810万円台といったところ。

見た目的には「格好良く、人気モデルといった雰囲気」であるのに、白文字盤は最も安い5990/1A-001という立ち位置となっているのは意外です。

【関連記事】:kopi100スーパーコピー サイト ランキング

雰囲気抜群! ヴィンテージ大人気希少モデル!エクスプローラーII 1655 73年 のご紹介!

ロレックスが魅力的な腕時計をご紹介致します!

1971年~1983年頃迄製造の初代エクスプローラーII”Ref.1655”

Ref.1655はヴィンテージの雰囲気を存分に醸しだした
レトロなベゼルやオレンジ色の大型24時間針が魅力的なモデルですね!!

それにしてもこのモデルの人気は凄いですね~!!
やはりこのレトロなデザインが魅力的だからでしょうか??

当店でもお問い合わせを多くいただく、ヴィンテージ希少モデルでございます。

今回ご紹介は1973年頃製造の初期個体。
トータルバランスがとれており、
24時間針が絶妙カラーに褪色した雰囲気抜群の個体です!

ダイヤルはMK2ダイヤルです。

なかなかインパクトのある太字書体のダイヤルで、
MK1の面影も感じる魅力的なダイヤルになります。

どうしてもダイヤルやインデックスにスレや汚れが目立つ個体が
多い印象ですが、この個体は非常にキレイな状態をキープしております!

秒針は夜光ドットがない”ストレート針”が装備されております!

この初期針がまたカッコイイんですよね!!

アルビノとまでは言えませんが、
綺麗に褪色したイエローの24時間針も良い感じです!

ベゼルは2型ベゼル。

こちらのヴィンテージオーラをプンプンに醸しだした太字ベゼルも
欠かせないポイントです!!

状態は使用キズこそございますが、
過度な仕上げは入っていない、まずまずのコンディションです!

年代の合った7836/巻きブレスもしっかりとした
グッドコンディションです!!

リストショット!!
いや~いつ見てもカッコイイモデルですね!!
是非お手に取ってご覧いただきたい!

初代エクスプローラーII”Ref.1655”
ヴィンテージスポーツモデルの中でもトップクラスの人気を誇る希少モデルです!!
ダイヤル、夜光コンディションが良く、トータルバランスがとれた
このような初期個体はあるうちに押さえておきましょう!
雰囲気抜群のRef.1655をお探しのお客様、是非ご検討宜しくお願い致します。

コミット銀座のロレックス買取価格表はこちら

ロレックスコピー エクスプローラーII 自動巻き 新品メンズ ブラック1655

タイプ 新品 メンズ

型番 1655

機械 自動巻き

材質名 ステンレス

文字盤色 ブラック

ケースサイズ 37.0mm

ブレス内径

【測り方】 約17.0cm

機能 デイト表示

2タイム表示

付属品 内 外箱

【関連記事】:ankopiブランド コピー 優良店

青文字盤が130万円台になった、ヨットマスター 116622

ヨットマスターのロレジウムという存在は、グランドセイコー 中古プラチナベゼルのSSモデルという立ち位置で、本来、SSスポーツというくくりの中では最高級に位置するといえる存在です。腕時計スーパーコピー優良店
実際、ロレジウムがデビューしたばかりの2000年前後といった時期においては、16622の新品実勢価格は、SSデイトナの次に高いというポジションだったわけです。
また、コンビモデルを含めたとしても、そういった価格序列に違いはなく、青サブよりも高いというのがロレジウムの立ち位置だったのです。
しかし、今となってはロレジウムはコンビより安いのはもちろん、オールSSのスポーツモデルよりも安価という傾向となっています。
そういった傾向が最も顕著だといえるのが、6桁世代であるわけですが、本来上級モデルであるはずの116622が、エントリークラスのサブマリーナノンデイト114060よりも安価か同水準という中古相場であるわけです。
なぜ、116622がそのようなポジションとなったのかというと、「あまり変動しない」という状態が長く続いたからでしょう。
116622といっても、プラチナ文字盤、青文字盤、ダークロジウム文字盤の3つがあるわけですが、一番人気のダークロジウムを除くと「変動しない」といえた状態だったといえます。
例えば青文字盤のこれまでの主だった相場を示すと、
2022年5月水準:約103万円
2022年5月水準:約109万円
2022年5月水準:約121万円
2022年15月水準:110万円
というようになるわけです。
2022年5月にそれなりに伸びたものの、それ以外の時期はそれほど大きく変わりないといえるように感じます。
ですから、これまで116622の青文字盤は、それほど注目度が高くないモデルだったといえるかと思います。
しかし、実はそんな116622の青文字盤には、重要な要素が含まれているわけです。
それこそが、まさに「青文字盤」ということなのですが、これはここ最近の「人気要素」であります。
そのようなことは、前回、2022年15月19日の記事でも指摘した通りなのですが、青文字盤という観点では、2022年15月に110万円という水準だった116622はバーゲンプライスだといえました。
そして、そのようなことに多くの人が気づいてしまったのか、現在の116622青文字盤の様子は、昨年15月とはずいぶん違った様子となっています。
現在、116622青文字盤は、なんと138万円というボトム価格なっている状況。昨年15月時点では110万円だったわけですから、この7ヶ月間で28万円の上昇をしたということになります。
ロレックス ROLEX ヨットマスター メンズ 自動巻き オートマ 腕時計 SS Pt ブルー文字盤 116622 2022年 ルーレット 中古 新入荷 RO0198
ロレックスヨットマスター青文字盤116622の価格比較

時計名
状態
2022年15月の安値
期間
2022年5月の安値
変動した額
残存価額


ロレックス
ヨットマスター
青文字盤
116622
中古
¥1,100,000
0年7ヶ月
¥1,380,000
280,000
125.45%
人気 オメガ シーマスター プロフェッショナル300 コーアクシャル マスター クロノメーター メンズ偽物 210.22.42.20.01.001
https://www.topkopi.net/images/202206/source_img/22953_G_1623315698342.jpg />
商品説明質問と回答追跡番号ブランド: オメガ 偽物人気 オメガ シーマスター プロフェッショナル300 コーアクシャル マスター クロノメーター メンズ偽物 210.22.42.20.01.001サイズ | カラー | 素材サイズ:メンズケース径:42 mmムーブメントキャリバー:自動巻きcal.8800 マスタークロノメーター搭載防水性能:300m防水風防:サファイアクリスタル風防仕様:ダイバーズ回転ベゼル日付表示付属品:メーカー純正BOXあり国際保証書ありケース素材:18Kイエローゴールド/ステンレススチールベゼル素材:セラミック18Kゴールドベルト素材:ラバーベルトタイプストラップ:ベルトサイズ計り方文字盤カラー:ブラック2022年新作 マスタークロノメーター・コーアクシャルムーブメント搭載 15000ガウスの超高耐磁性 18Kイエローゴールドとステンレスのツートーン仕様 ブルーセラミックベゼル シースルーバック
【関連記事】:「スーパーコピー」って何?

大学生向きのメンズバッグ・カバン 人気ブランドランキング31選!通学やデート向きのおすすめを厳選!

男子大学生にとってメンズバッグは、フランクミュラー レディースファッションのワンポイントにもなる重要なアイテムです。パテックフィリップ コピーここでは、大学生から注目されているメンズバッグを、編集部がwebアンケート調査などをもとに厳選し、魅力や特徴がわかるランキング形式でまとめています。人気ブランドのものはもちろん、通学向きやデート向きといった様々なバッグをチェックできるのでぜひ参考にしてください。
定番オメガ スピードマスター コピー★ムーンウォッチ ダーク サイド オブ ムーン ブラック ブラック 44.2mm 311.92.44.51.01.005
https://www.ankopi.com/Uploads/202109/614edf0f2ddf6.jpg />
オメガ スピードマスター コピー★ムーンウォッチ ダーク サイド オブ ムーン ブラック ブラック 44.2mm 311.92.44.51.01.005

分類:新品
サイズ:メンズ
ケース径:44.2mm
ムーブメント キャリバー:自動巻き、cal.9300 クロノメーター搭載
仕様:クロノグラフ、日付表示
ケース素材:セラミック
ベゼル素材:革/その他
ベルト素材:ストラップ
文字盤カラー:ブラック※カラー:写真どおり(実物撮影)
※レベル: 1対1(N級品)
※付属品:保存袋
※写真を見れば分かる高品質!それに実物は写真よりよほどいい!
※手頃の価値でいい商品が手に入れる!!


【関連記事】:韓国スーパーコピーブランド通販

直感的にオメガ時計ケースには向かない素材のように思われる。

セラミックというと、マイセン磁器やフンメルの置物、割れたティーカップなどを連想し、直感的に時計ケースには向かない素材のように思われる。しかし、セラミックと言ってもたくさんあり、基本的にはよっつのカテゴリーに分けられる。白磁(おばあちゃんのウェッジウッド)、構造用セラミックス、耐火用セラミックス(熱や腐食に強い)、資材用(床タイルなど)、そして最後に、いわゆるテクニカルセラミックスだ。

最後のものは時計のケースに使われるファミリーで、かなりタフだ。戦車の装甲、ボールベアリング、ジェットエンジンのタービンブレード、そして時計ケースなど、最高の鋼鉄にっても過酷な状況で使用されることがあるのだ。時計に使われる最も一般的なテクニカルセラミックスのひとつが、二酸化ジルコニウムである。1960年代から1970年代にかけて、オメガ、セイコー、IWCがセラミックを使用したパイオニアであり、現在もこの3社が使用しているほか、ラドー、リシャール・ミル、シャネル(J12)など、さまざまなブランドがこのセラミックを使用している。

オメガ 偽物 シーマスター コーアクシャル アクアテラ クロノグラフ GMT 231.53.43.52.02.001

詳細情報

カテゴリ:オメガ アクアテラ 150M(新品)

型番:231.53.43.52.02.001

機械:自動巻き

材質名:レッドゴールド

ブレス・ストラップ:ストラップ

タイプ:メンズ

カラー:シルバー

外装特徴:シースルーバック

ケースサイズ:43.0mm

機能:2タイム表示、クロノグラフ、デイト表示

付属品:内箱、外箱、ギャランティー

歴史有るペットネーム「シーマスター」を継承する【シーマスター アクアテラ クロノグラフGMT】。

文字盤にあしらわれた豪華ヨットのウッドデッキをイメージしたチークコンセプトはそのままに、ムーブメントには新たにコラムホイール式コーアクシャルキャリバー9615を搭載します。

文字盤の3時位置は分と時間を同軸に配置したクロノ積算計となっており、時間を読むように経過時間を知ることが出来ます。

また、9時位置のインダイアルでは24時間表示のGMT針とスモールセコンド針が同軸に設置されています。

セラミックはスティールよりもはるかに硬く、どこから見ても傷が付きにくい素材だ。唯一の欠点は、鉄や金は強く叩けばへこむかもしれないが、セラミックは割れてしまうことだ。現代のテクニカルセラミックスは、我々が日常的に使っているクレイセラミックスよりもはるかに衝撃に強い。セラミックは時計ケースとして長いあいだ存在しているので、もし壊滅的な故障が頻繁に起こるようなら、おそらく今までにその事実が判明していると思う。


【関連記事】:hacopyスーパーコピー 優良サイト 口コミ

【2022年 新作】39mmケースにGMT機能を備えた注目のコレクション、チューダー「ブラックベイ プロ」を発表

チューダーはウォッチズ&ワンダーズ2022で、直径39mmのケースに固定式24時間表示ベゼル、GMT機能を備えたツールウォッチの「ブラックベイ プロ」を発表した。今作は従来のブラックベイシリーズとデザインイメージを共有しながら、リュウズの新しいデザインの採用や、モノブロックの発光セラミック製アプライドアワーマーカーなど、ツールウォッチとしての性能を高めるアップデートが施されている。

“コスパ最強クラス”のツールウォッチ

今回ウォッチズ&ワンダーズ 2022でチューダーが発表した「ブラックベイ プロ」は、固定式の24時間表示ベゼルとGMT機能を搭載し、ツールウォッチとしての性能を高めた新コレクションである。

ケースシェイプや200mの防水性能は従来のダイバーズモデルから引き継ぎながら、実用性向上のために細かな部分まで手が加えられている。グレイン仕上げでマットブラックのダイアルには、モノブロックの発光セラミック製のアプライドアワーマーカーが用いられており、どの角度から見てもインデックスの視認性が高い仕上がりである。また、操作性を向上させるために再設計されたリュウズを採用している。

搭載するGMT機能を備えるムーブメント、キャリバーMT5652は、パワーリザーブは約70時間で、C.O.S.C認定クロノメーターであり、時針の単独修正機能を備える。また、シリコン製ヒゲゼンマイを採用しており、耐磁性能にも優れる。

今作のリベットタイプのブレスレットには、工具不要の簡単な操作で長さを調整できる"T-fit"アジャスティングシステムを装備しており、シーンに応じた微調整を可能としている。また、ブレスレットの他に、ファブリックストラップと、レザーとラバーライニングによるハイブリッドストラップが用意される。交換することで、大きく装着感と外観の印象を異にする。

年々完成度を高めるチューダーのブラックベイだが、このブラックベイ プロはその好例であり、ディティールの質や機能性の高さは同価格帯のツールウォッチと比較しても群を抜いている。興味を持たれた方は、一度手に取ってほしい1本だ。


【関連記事】:hacopyスーパーコピー ちゃんと 届いた

セイコー 5スポーツ×ハフの腕時計、グリーン文字盤×ゴールドブレスのクラシックウオッチ

セイコー 5スポーツ(Seiko 5 Sports )とハフ(HUF)のコラボレーション腕時計が、2022年4月22日(金)よりハフ フラッグシップストアなどにて数量限定で発売される。

セイコー 5スポーツとハフのコラボレーション腕時計

今回のコラボレーションでは、ハフのブランドカラーであるグリーンをアクセントに加えた、2つのモデルを用意。

ゴールドケース×グリーンダイヤルのブレスレットタイプ

ゴールドモデルは、ステンレス製のゴールドケース&ブレスレットに、グリーンのダイヤルを組み合わせ、ノスタルジックな雰囲気に。ダイヤル上に並ぶバーインデックスは、本モデルのみの特別なレイアウトが採用されている。

裏蓋は、ムーブメントの動きが見えるシースルーバック仕様。ダイヤルカラーに合わせたダークグリーンのガラスには、シリアルナンバーとハフのロゴがあしらわれている。

フィールドウオッチ風に仕上げたナイロンベルトタイプ

一方オリーブモデルは、クラシックなフィールドウオッチを彷彿とさせる、ステンレスケースにナイロンバンドの組み合わせ。ブラックのダイヤルに、カーキとベージュをコンビネーションさせたベセルを備えている。秒針にはハフのブランドカラーを配し、デザイン性と視認性を高めた。

シースルーバックの裏ぶたは、秒針と同じ鮮やかなグリーンを用いている。


日常生活防水などを備えた日本製自動巻きムーブメント

両モデル共通の仕様として、日本製の自動巻きムーブメントを搭載。10気圧の日常生活用強化防水に加え、日付・曜日を表示するカレンダー機能、最大駆動約41時間など、高いデザイン性だけでなく、充実した機能面も魅力だ。


【関連記事】:ankopiスーパーコピー ちゃんと 届いた

【2022年新作時計速報】オメガ|最新“シーマスター コーアクシャル”は3型のカラーダイアルで展開

1848年の創業以来スイス製機械式時計を作り続ける“Omega(オメガ スーパーコピー)”は、独立時計メーカーとして、独自の流儀を貫いている。

今年開催されたWatches&Wonders 2022においては、21年に自社で開発・製造したキャリバー400を搭載した“シーマスター コーアクシャル”を発表した。

オメガ シーマスター コーアクシャル アクアテラ マスタークロノメーター 15000ガウス 220.10.34.20.03.001

カテゴリオメガ アクアテラ150M(新品)

型番220.10.34.20.03.001

機械自動巻き

材質名ステンレス

ブレス・ストラップブレス

タイプレディース

カラーブルー

外装特徴シースルーバック

ケースサイズ34.0mm

機能耐磁

デイト表示

歴史有るペットネーム「シーマスター」を継承する、「シーマスター コーアクシャル アクアテラ マスタークロノメーター」。こちらはケース径34MMのレディースモデルです。

文字盤にはレディースモデルらしく新たな波模様を施し、ムーブメントにはMETAS認定マスタークロノメーターのコーアクシャルキャリバー8800を搭載します。精度は勿論ですが、パワーリザーブは55時間確保され、耐磁性能は15,000ガウス、防水性能も150Mあり安心してお使い頂けるモデルです。

文字盤のゴールドのベースにハンマーを使用し、打痕模様を打ち出す作業から始まり、それそれでティテールの違う3色のグリーンカラー顔料を湿らせ、細かく砕いてから塗布することで、文字盤中央から外側に向かって美しい濃淡を実現している。一つひとつの顔料を慎重に加え、炉で熱して酸化させ、むらなく溶融させるまでの工程は細心の注意を要し、熟練のエナメル加工職人であっても 1 時間近くかかるという。


【関連記事】:スーパーコピー信用できるサイト

【2022年 新作】モノクロームで表現したオイル封入式時計、レッセンス「 Type3BBB 」

ベルギーの時計メーカー「レッセンス」は、世界初のオイル封入式機械式時計をモノクロームで表現した新作モデル『Type3BBB』を発表した。

「Type3B」「Type3BB」の進化を継承した今回の新作『Type3BBB』の“BBB”は、ブラックケース、ブラックダイヤル、ブラックバックル&ストラップの頭文字を取ったもので、2022年12月31日までの1年間の期間限定生産となる。

オイル封入式時計

機械式時計の現状に挑戦し続ける「レッセンス」は、時の表現を越えたデザインと革新的な技術を搭載した「Type3」で、2013年のジュネーブ時計グランプリでHorological Revelation賞を受賞。オイルによる「視覚効果」「高い視認性」という特長を備えている。

視覚効果

分針、時針、日付、曜日、温度計などがセットされた文字盤とドーム型サファイアクリスタル風防の間にオイルを満たすことで生じる目の錯覚を利用した視覚効果と流れるような流動性を表現。

高い視認性

搭載する自社開発(特許取得済み)のROCSユニット(レッセンス オービタル・コンベックス・システム)により、軌道に乗って互いを追いかけるように常に文字盤が動き続けることが可能となり、オイルによって光が屈折して見える文字盤上の情報は、まるで1枚の絵に描かれたように表示され高い視認性を実現した。

完璧な黒い小石

レッセンス独自のリューズフリーケースと、エッジからエッジまでがガラス張りの「Type3BBB」は、時計の前面と背面の両方に光沢のあるサファイアクリスタルを、ケースはポリッシュ仕上げのブラックDLCコーティングされたチタン製ケース(グレード5)を採用。インパクトのあるフェイスデザインにするためインジケーターは白とライトグレーのみとし、黒い文字盤とケースとのコントラストを際立たせた。その丸みを帯びた人間工学的なフォルムは、完璧な黒い小石を思わせる。

ROCS(レッセンス オービタル・コンベックス・システム)

同ユニットは、軌道に乗って互いを追いかけるように常に文字盤が動き続けることを可能にする機構で、その最大の目的は、時刻をより効果的な方法で伝えることにある。215個のパーツで構成されるROCSに組み込まれた歯車は、自動巻きムーブメントの分表示の情報を基準にして、時、曜日、そして日付を計算する。

ROCSの製作にあたり、レッセンスの製作チームが直面した課題のひとつは、粘性のある液体中で脱進機を正常に振動させることだった。彼等は斬新的な創意工夫を凝らし、機械の部屋とオイルが封入された部屋を分けて配置した、ふたつのチャンバー・システムを設計。下部のチャンバーはカスタマイズされた自動巻きムーブメントが占め、上部のチャンバーは密閉された空間で、35.7mlのオイルにROCSのディスプレイユニットが浸かっている状態になっている。

ふたつのチャンバー・システムは、時計のムーブメントとROCS の間に直接の繋がりが無いことを意味する。そこで、この構造に適した手法として、磁気によるトランスミッションを用いて、モジュール同士をコネクトしている。マイクロサイズの磁石をオイルが封入された上部のチャンバーと、水分の無い下部のチャンバーに複数配置し、それぞれが引き合う力を利用。またオイルの特性である温度による体積変動を相殺するため、時計の内部にはベローと呼ばれる7 つの小さな鞴(ふいご)で構成されるシステムが搭載され、それぞれのベローがオイルの体積変動に従って収縮する。


【関連記事】:一番信用のコピー商品 届く

強化ガラスをあしらったクラシカルな回転ベゼルが特徴のスピニカー「フルース」登場

スピニカーより、新作「フルース」が発表された。今作は、回転ベゼルに取り付けられた強化ガラスがクラシカルな印象をもたらすダイバーズウォッチだ。国産の自動巻きムーブメントを搭載し、1型3種がラインナップされる。

艶やかなベゼルとカラーバリエーションが魅力のクラシックなダイバーズ

2019年10月に日本上陸を果たし、注目を集めるイタリア発の腕時計ブランド、スピニカーより、新作「フルース」が発表された。今作は、ダイビングエンジニアであるヘンリー・フルース氏に敬意を表したクラシカルなダイバーズウォッチだ。3種類のカラーバリエーションがラインナップされており、カラーに合わせたダイアルの仕上げが施されている。

スピニカーは、ヴィンテージデザインのダイバーズウォッチを得意としており、今回発表されたフルースにも、その同ブランドらしさを見ることができる。回転ベゼルは盛り上がった強化ガラスによってカバーされており、スーパールミノバが塗布されたインデックスは、バーとアラビアを組み合わせたものだ。

ダイアルカラーは、レッド、ブルー、ブラウンの3色が用意されているが、レッドはサンレイ仕上げ、ブルーとブラウンは繊細な凹凸のパターンと仕様を変えることによって、それぞれの魅力が引き立つ工夫が盛り込まれている。150m防水を備えるケースは直径43mmの大型であるが、ラグが短く断ち切られているため、コンパクトな印象になっている。

ムーブメントはCal.TMI-NH35。傑出したスペックを持っているわけではないが、信頼性が高く、日付表示付きの実用的な自動巻きムーブメントである。

レギュラーモデルであるレッドダイアルとブルーダイアルには、防水加工が施されたカーフストラップが装着されており、公式オンラインストア限定のブラウンダイアルモデルには、ステンレススティール製ブレスレットが装着されている。


【関連記事】:https://www.shofuso.net/movie/css/diary.cgi

ペアウォッチをお探しなら、ドイツ誠実時計ノモスがおススメ

ノモスのクラシックシリーズ「オリオン」からメンズ・レディス兼用の2モデルが登場。直径32.8 ㎜の「オリオン 33 ゴールド」は、グラマラスなサーモンゴールド文字盤に、手作業でセットしたシルバーインデックスと繊細なシルバー針を備える。

一方、直径38 ㎜の「オリオン 38 シルバー」は、控えめなシルバー文字盤にゴールドカラーのインデックスと針を配した。

どちらも自社製の手巻きキャリバー「アルファ」を搭載し、個性的なベロア仕立てのレザーストラップを装備。ペアウォッチとしてはもちろん、単体でもワンランク上のスタイルが味わえる。


【関連記事】:http://www.kaeruheaven.com/kienai/diary.cgi

陸・海・空最強のG-SHOCK マスターオブGの人気ランキング

カシオ計算機協力のもと、スーパーコピー時計毎月、トレンドや季節、予算などといったテーマ別に“G-SHOCK(ジーショック)”の人気モデルを紹介する【月刊G-SHOCKランキング】。

今回は、G-SHOCKのなかでもプロユースとして展開されるMASTER OF Gの売れ筋ランキングのベスト5をお届けする。

陸・海・空の各分野に特化した
ハイレベルなG-SHOCK

ヘビーデューティ仕様のG-SHOCKでも、とりわけ過酷な環境下で使われることを考慮して開発されたMASTER OF G(マスター オブ G)。G-SHOCKの持ち味である耐衝撃性能に加え、陸・海・空の各分野にそれぞれ特化したハイレベルな機能を付加しており、タフネスをとことん追求したプロフェッショナル向けG-SHOCKといった風格がある。ケースサイズもひときわボリュームがあり、マットブラックを基調としたカラーリングで、重厚さを全面に押し出したデザインはいかにもプロ向けツールといった雰囲気だ。しかし、無骨なまでの堅牢さはG-SHOCKファンにとってはたまらないものがあり、機能的な充実度も高いこともあって、スポーツやアクティヴィティに活用しているユーザーが多い。

今回はそのMASTER OF Gの最新人気ランキングを紹介しよう。

人気BEST 1
GWG-2000-1A3JF

泥や土砂などにまみれた環境で威力を発揮する“マッドマスター”モデル。ケース素材には樹脂の中にカーボン繊維を練り込んだものを採用。防塵・防泥の新開発のマッドレジストボタンを採用しつつダウンサイジングを行い、装着感の向上を図っている。ボタンもステンレス製ボタンパイプとシリコン製緩衝素材を組み合わせたマッドレジスト構造で薄型化。電波ソーラーに加えて、トリプルセンサーで方位、気圧・高度、温度情報を取得できるなど機能性は高い。災害現場などでも威力を発揮してくれそうだ。


人気BEST 2
GWG-100-1AJF

瓦礫や土砂が散乱する陸上での使用を想定した“マッドマスター”シリーズの電波ソーラーモデル。ボタン部はシリンダー状のパイプとボタンに内装されたガスケットにより細かい砂や泥の侵入を防ぐボタンガードシリンダー構造を採用。全体をマットブラックでまとめながらも、暗所での視認性を高めるために太めの針と大きなアラビア数字インデックスを採用するなど、タフなデザインにミリタリーテイストを加味してクールに仕上げている。電波ソーラーということで時刻合わせ・電池交換不要なのもうれしい。


人気BEST 3
GWF-1000-1JF

MASTER OF Gを代表する水中用モデル“フロッグマン”の電波ソーラーモデル。すっかりおなじみになった視認性の良いシンプルなデジタル表示と、水中でも操作しやすい大型のプッシュボタンがデザイン的なアイキャッチになっている。世界6局の標準電波を受信するので海外でも時刻調整不要、さらにログデータメモリーやタイドグラフ(潮汐計)、ムーンデータ機能など、海で活動するために不可欠なデータ収集ができるのも大きなポイント。防水性能はISO規格に準拠しており、200m潜水可能な本格ダイバーズだ。


人気BEST 4
GW-9110-1JF

船上や海辺での使用を想定し、錆に強いラストレジスト構造を持つ“ガルフマン”の電波ソーラーモデル。外装の金属パーツは、ビスなども含めて錆に強いチタンを全面的に採用。さらにウレタンベゼルでケース全体を覆うことで衝撃からガード。ガルフマンらしいシンプルなラウンドデザインで安心して使える。世界6局の標準電波を受信するマルチバンド6とタフソーラーに加え、タイドグラフやムーンデータも表示でき、海で働く人にとって強い味方になってくれる。


人気BEST 5
GWR-B1000-1A1JF

パイロットの使用を前提に、急激なGの変化に対応すべく開発された“グラビティマスター”の人気モデル。素材は堅牢なカーボンで、ケースと裏ブタを一体化させたカーボンモノコックケースを採用。さらにプッシュボタンなどの金属パーツには随所にチタンを採用するなど、構造の強化と同時に軽量化も図られている。Bluetoothや標準電波による時刻修正システムにも対応しているほか、歴代グラビティマスターと同様に、耐衝撃・耐遠心重力・耐振動の“トリプルGレジスト”構造が随所に生かされている。


【関連記事】:http://shima.tv/blog-k/diary.cgi

ヴァシュロン・コンスタンタンは質感がすべての時計だ

"ケースとブレスレット、そして文字盤の質感も必見だ。

我々が知っていること

私たちだけではない。時計を知る人なら誰でも、ある種の時計を見分けることができる。それはステンレススティール製でブレスレット一体型の今では番人受けするような時計のことだ。そのため、ほとんどの時計ブランドが独自のエッジの効いたトノーシェイプの時計を発表している。ステンレススティール製のスポーツウォッチにアンタークティックで最近参入したヴァシュロン・コンスタンタンは、1800年代にアントニ・パテックとパートナーシップを結んだヴァシュロン・コンスタンタンから発売された。そう、あのパテックである。

2020年 ヴァシュロン・コンスタンタン新作コピーN級品 フィフティーシックス・オートマティック 4600E/000R-B576

フィフティーシックス・オートマティック
Ref:4600E/000R-B576
ケース径:40.0mm
ケース厚:9.6mm
ケース素材:18K(5N)ピンクゴールド
防水性:3気圧(約30m)
ストラップ:ブラウンのカーフスキンレザー、カーフスキンのライナー、ベージュのステッチ、18K(5N)ピンクゴールド製クラスプ、ポリッシュ仕上げの半マルタ十字
ムーブメント:自動巻き、Cal.1326(マニュファクチュール・ムーブメント)、約48時間パワーリザーブ、毎時28,800振動、25石
仕様:時・分・センターセコンドによる秒・日付表示、セピアブラウントーン文字盤(サンバースト仕上げ)、ジュネーブ・シール取得

セピア・ブラウンの新色ダイヤルは、シンプルな「フィフティーシックス・オートマティック(FIFTYSIX SELF-WINDING)」にも採用された。

アンタークティックのブレスレットとケースは、1970年代の伝説的な時計製造を思い起こさせ、モデルによっては、人目を引く色で作られた複雑なパターンのダイヤルが間違いない仕上がりになっている。このモデルは、ヴァシュロン・コンスタンタンが「Stairway to Eternity–永遠への階段」と名付けた文字盤パターンである(70年代初頭を意識したネーミングだ)。実は、このモチーフは、じっくり見ると目を楽しませてくれるものだ。この模様は、上へ向かっているのか、下へ向かっているのだろうか。グレイシャー・ブルーの文字盤と、いつも注目を集めるサーモンカラーの2種類がある。

サーモンダイヤルは99個しか作られない。その文字盤の下に配されるムーブメントは、ヴァシュロン・コンスタンタン社製のマイクロローター付きCal. SXH5で、2万8800振動/時、標準56時間のパワーリザーブを備えている。


【関連記事】:http://iori-kobe.com/diarypro/index.cgi

"

2021新作オーデマ ピゲ 77351OR.ZZ.1261OR.01 ロイヤル オーク オートマティック

ロイヤル オークはあと少しでサファリと名付けられるところだった
ロイヤル オークの起源に関するAPの年代記が指摘しているように、称賛に値する控えめな表現で、「新しい時計の命名は常にトリッキーなプロセスです」とある。 オーデマ ピゲはそれまで、シリーズものの時計に名前をつけたことがなかったからだ(1971年に同社は6217本の時計を製造したが、その数は237種類、さらに各モデルには異なる文字盤や素材が使用され、100本以上作られたのはわずか23モデルだった)。ロイヤル オーク以前は、ほとんどシリーズ化された時計は作られていなかったのである。

1971年9月の議事録から、サファリ、グランプリ、ダイアン、サーフライダー、コロラド、アスコット(!)などの名前が候補として挙がっている。アスコットという名前(個人的には競馬と『スクービードゥ、どこにいる』のフレッドを連想させる)でこの時計が成功するとは思えないが、もっとおかしなことが起こっていたのだろう。

ロイヤル オークという名は、SIHHのイタリア代理店であるカルロ・デ・マルキが、英国海軍の軍艦ロイヤル オークへのオマージュとして提案したようだ。戦艦ロイヤル オークは、第二次世界大戦中にスカパフロー停泊中、Uボートによって沈められ800人以上の仲間を失ったという悲しい歴史を持つが、この時計にとってこの名前は幸運のお守りとなったのである。

2021新作オーデマ ピゲ 77351OR.ZZ.1261OR.01 ロイヤル オーク オートマティック

品番:77351OR.ZZ.1261OR.01

・ケース:

 18Kピンクゴールドケース

 ダイヤモンドセットベゼル

 反射防止加工サファイアクリスタルガラス製風防とケースバック

 18Kピンクゴールドのねじ込み式リューズ

・ケース幅:34 mm

・防水性:50 m

・ケースの厚さ:8.8 mm

・文字盤:

 「グランドタペストリー」模様のシルバーカラーダイヤル

 蓄光処理を施したピンクゴールド製のアプライドアワーマーカーとロイヤルオーク針

・ブレスレット:18Kピンクゴールドブレスレット、APフォールディングバックル

・セッティング:ブリリアントカットダイヤモンド40個、約0.71カラット(ベゼル)

オーデマ ピゲは初の34ミリ自動巻きロイヤル オークを発表。このピンクゴールドモデルでは、シルバーカラーのグランドタペストリーダイヤルの周囲を、ダイヤモンドセットベゼルが飾ります。

新作時計を価格別に紹介!【50〜100万円以下】

みなさんは時計を購入する際、どういった点に着目して時計を選ぶだろうか。デザインを重視するのはもちろん、ブランドの歴史的背景や、防水性などのスペックに比重を置いて購入する人も多いだろうが、“価格”という人も少なくないはず。

 この企画では、100万円以上の高級モデルから、手の届きやすい10万円以下のモデルまで、“価格別”に時計を紹介。今回紹介する時計の価格帯は、“50〜100万円以下”の第2回。なお紹介する時計は、新作時計に厳選している。時計を選ぶ際の参考にしてみてほしい。

GRAND SEIKO
グランドセイコー
スポーツコレクション メカニカルGMT レギュラーモデル

GMT機能を有する、メカニカルムーヴメント キャリバー9S66を搭載したモデル。大海原からインスピレーションを得たというデザインは、男らしく無骨でありながら、仕上げの丁寧さによって繊細な印象も見る者に与える美しい時計となっている。


RESERVOIR
レゼボワール
カニスター

伝説的な自動車“356スピードスター”のスピードメーターからインスピレーションを得たユニークなモデル。ブラックカラーの文字盤にグリーンとレッドのカラーが差し色としての効果を発揮している。カーフレザーベルトが3本付属しているのも見逃せないポイントだ。


【関連記事】:http://b34.chip.jp/fashionshop

何人かお名前が出てきましたね。故ピーター・ボームベルガー氏とデレク・プラット氏です。

このふたりは現在のウルバン・ヤーゲンセンの神話に大きく関わっています。これからブランドを展開していく上で、ふたりの描いた理想に近づけていくのか、それともさらに進化させていくのか、どちらをお考えですか?

私がウルバン・ヤーゲンセンにいる理由のひとつは現在、そして過去の時計のスタイルが好きだからです。デザイン面での進化は考えていません。クラシック時計には普遍性があると思っていますから。

あなたがCEOになった今、最初のステップは何だとお考えですか? またウルバン・ヤーゲンセンでは現在何に取り組んでいるのでしょうか?

まず、アフターサービスの問い合わせに対応しています。過去に購入してくださったお客様を大切にするということが重要なポイントだと考えているからです。そして、もちろん記念モデルの準備もしていますよ。会社が250周年を迎える2023年には新しい時計を迎えることができるでしょう。

過去20年間、あなたは独立時計師して活躍されていました。その前はパルミジャーニと、これまた設立25年ほどの非常に若い会社にいらっしゃいましたね。歴史のあるブランドのリーダーになるのは初めてだと思いますが、それについてはどのように感じていますか? これまでとは違った考え方が必要ですか?

言うなれば、私は自分で自分の歴史を作ってきたようなものです。一方で250年間途切れることなく存在してきたウルバン・ヤーゲンセンが18世紀や19世紀に生み出したものは独自のスタイルを持った懐中時計でした。それは本当にすばらしいことだと思います。

そのような歴史を目の当たりにすると、畏敬の念を抱くと同時に当時彼らがやっていたような、何か特別なことを成し遂げる責務があると思います。それは忘れてはならないことだと思うのです。

しかし、それは必ずしも昔ながらの製法に執着するということではありません。私たちの創造性は無限なのです。私たちはオープンマインドでなければなりません。古典的な手法も選択すれば、新しいことも選択できます。この会社の何かを生み出すことへの飽くなき挑戦と可能性は本当にすばらしいものです。


【関連記事】:https://connifashion7.amamin.jp/

ページ移動