記事一覧

中目黒の目黒銀座商店街にお店を構える、帽子ブランド「Racal」の直営店でセレクトショップ

アップロードファイル 4-1.webp
アップロードファイル 4-2.webp
アップロードファイル 4-3.webp
アップロードファイル 4-4.webp

—本日は、よろしくお願いします。やっぱり中目黒ってお店多いですね。

特にこっち側は、古着屋さんが多いですね。

—やっぱりセレクトショップは、目黒川沿いが多いですかね。

そうですね。

—いまでは、セレクトショップの激戦区なんて言われてますけど、Ray's Storeさんを開いた頃から、やっぱり多かったですか?

実は僕、5年前に入ってきたので。

—ここに入るまえは、なにをされていたんですか?

大手のセレクトショップで、ずっとECを担当していました。やっぱりお客さんと接したいという想いがあって。

今年で9年目を迎えた「Ray's Store」は、アパレル激戦区・中目黒に店を構えている。

中目黒といってもお洒落なカフェや画廊、セレクトショップでスポットが当たる目黒川沿いではない。駅を跨いで反対に位置する、キラキラしたOLよりスーツを着たサラリーマンが似合う目黒銀座商店街にあるのだ。

なぜ川沿いに店を開かなかったのか?お店の魅力は?おすすめのアイテムは?などなど、『Ray's Store』のコトを実際にお客さんと接するストアマネージャー、桝谷(ますたに)さんに聞いてきた。

桝谷 洋平(ストアマネージャー)
福岡県出身の34歳。「やりたいことをやろう」と20代のときに上京。大手のセレクトショップで販売・EC職を経て、Ray's Storeに身を置く。休みの日は最近買ったというPS4に興じる。中目黒でのランチのおすすめは「高伸」の餃子チャーハンセット。

— Ray's Storeが出来た経緯を教えてください。

2003年から『Racal』という帽子ブランドをやっていまして。最初はお店がなくて、卸のブランドとしてスタートしたんですね。それで、販売もしようとなって出来た感じですね。

—『Racal』の直営なんですね。なぜ『Racal』のみの展開にしなかったのでしょうか?

実は、『Racal』と同時に、アパレルを2ブランドやっていたんですね。現在は『Racal』のみとなってしまいましたが、それらの直営店としてスタートしたんです。なので、帽子屋みたいな感じにはならなったですね。

—なるほど。現在は『bukht』や『Manual Alphabet』、『VINCENT ET MIREILLE』などのブランドを取り扱っていますが、これはどういった基準で?

基本的に、帽子に合うブランドをセレクトしています。お店のコンセプトに「my favorite things」というのがありまして、ベーシックなデイリーウェアのような、ちょっといいものを並べています。20代半ばから30代半ばの大人の男性が、楽しく買い物してもらえることを意識していますね。
—この床に散りばめられた切手が気になって仕方がありません。

実は元々ニューヨークで会社を興しているんです。それで、社長がよくニューヨークにいっていて、「その雰囲気を中目黒でも」みたいな(笑)

—流行りの「逆輸入」の会社ということですね。

帽子を作っていたわけではないんですけどね。むこうでは、古着の買い付けや卸とかをやっていたみたいですよ。

—それこそ、古着をここで扱おうなんてことはしなかったのでしょうか?

実はワンラックぐらいですけど、ちょっと置いているんです。この時期だと『THE NORTH FACE』のフリースとかを3、40点集めて置いてます。

—ほかにもフレグランスを置いているようですね。

この周りは店だけじゃなく、お家も多くて。ご近所の方が来て下さることが多いんですよ。そういう方の生活とか家の空間とかにもなにか提案できないかなと思って。
—中目黒に出店したのも、そういった条件があってですか?

それもあります。あとは大手さんも参入されて、いまでは激戦区なんて言い方されていますけど、10年前はアパレルのお店も少なく、本当に昔ながらの商店街のような雰囲気が残ってて。

—確かに。こっち側(目黒川とは逆側)は、その雰囲気を感じます。

そのころの中目黒は、「これから」みたいな。

—これから中目黒が盛り上がるであろうと。

そのまえに開こうって。そんなこといっても、僕は5年前からしかいないんですけどね(笑)

—5年前から見ても、やっぱり変わりましたか?

だいぶ変わりました。昔は古本屋さんとか整骨院とかがあって、ザ・商店街みたいな感じでしたけど、いまはお洒落な街になりましたね。いままで着ていなかったような方々が来て下さるようになった気がします。
—帽子ブランド『Racal』の魅力ってなんですか?

まずは値段が安すぎず高すぎずで、丁度いいですよね。

—買った後に「節約しなくちゃ」ってならない価格帯ですよね。

あと、ベーシックでガチャガチャしていないデザインが魅力なんです。トレンドも適度に入れつつ、そのシーズンによって雰囲気がガラッと変わらない。だから、新規の方も、常連の方も買ってくれますね。

—アップデートは、カラバリを変えるぐらいですかね?

そうですね。それと、年に春夏秋冬で4回展示会をやっているんです。メインは30型くらい展開する春と秋。その中で、定番と新しくチャレンジするもののバランスをとっています。ずっと同じデザインではやっぱりお客さんも飽きちゃうので。

—大手さん含め、ほかのセレクトショップさんに『Racal』を卸していますが、Ray's Storeで『Racal』を買う理由とは?

ありがたいことに、大手さんや、多くの地方の個店さんでもやってもらっていますね。でも、大手さんとセレクトさんがやっているのって、ほんの一部なんです。そのときのトレンドだったりお店の感じだったりで選んでもらっているので、フルで見れることってなかなかないんですね。

—やっぱりそこが直営店の強みですよね。

はい。あとちょこちょこ当店限定のリミテッドアイテムをリリースしたり。
—おもしろいですね。

色や生地を変更したりとか。中目黒はお花見が盛んなので、それに合わせてお花見っぽい色やアイテムを作ったりとか。

—大手さんのできないことをやってる感じですね。

大手さんでの帽子の位置づけは、あくまでスタイリングの味付け要員なので、そこまでフロアの面積をとれないんですよね。それで「試す」ってことはなかなか出来ないんだと思います。あとは、頭の形も人それぞれ違うので、同じデザインでサイズも確保しないといけないんでしょうね。

ネットで洋服を買い慣れている方であれば、スペックを見れば大体サイズはこれぐらいかなってなんとなく分かると思うんですよ。でも、帽子はけっこう被ってみないと分からない。フリーサイズといっても、つばの長さとか、細かいところにこだわりを持つ方はけっこう多いので。

—ニットキャップでも耳が隠れるか、隠れないかとかありますよね。

本当にちょっとしたところに、こだわる方が多いんです。だから、選択肢を与えるという意味でもたくさん種類をおいてあるのはいいのかな。それで試着してもらって、その中のベストなアイテムを選んでいただければ。
—オートモアイさん、聞いたことがあります。

「顔のない女性」の絵で注目を浴びている、『SUPREME』の2018AWコレクションにも起用された方です。このブランドをするにあたりステッカーを付けたかったので、単純にこの人の作品が好きということもあって、お願いした感じですね。

—ちなみに帽子作りって大変ですか?

僕も携わらせてもらっているのですが、簡単そうに見えて奥が深いですね。サンプルがあがってきても「違うな」っていうのがけっこうあって。

—工場にお願いしたものと実際にあがってきたサンプルが違うということですね。

そうです、単純に僕たちの想像力が足りないのが要因でもあるんですけどね。生地にしても細かいパーツにしても。

—試行錯誤して作られたんですね。

リリースまで3,4か月かかってますね。うまくいけば、クイックにリリースできるんですけど、「ココが違うな」とかでやり直しましたからね。

—単純な6パネルものとは違いますからね。

『Racal』とはブランドコンセプトから分けて、癖のあるものを作っているので。
—かなり難しい方向性ですよね。

そうですね(笑)。でも、自分たちの被りたいものでもあるし、こういった癖のあるデザインの帽子って、いま世の中にあまりないじゃないですか。だから、こういうのが欲しいなって。コーディネートの味付けとして、邪魔しない、いい塩梅のアクセントになってくれますから。

—シンプルなデザインのブランド展開に、この癖のあるデザインを提案。

そうですね、そこがポイントになってほしい。今後ココのブランドはあまり普通のものをリリースする予定はなくて、一癖あるものを作っていきたいですね。

—展示会やっていらっしゃらないんですもんね。いま買えるのはRay's Storeだけですよね。

ハミルトンのジャズマスターが持つ魅力をご紹介。クラシカルでおしゃれ

アップロードファイル 3-1.jpgアップロードファイル 3-2.jpgアップロードファイル 3-3.jpgアップロードファイル 3-4.jpgアップロードファイル 3-5.jpg

ハミルトンは100年以上の歴史を持つアメリカの高級時計ブランド。数多くのモデルを輩出していますが、その中でも特に人気があるのがジャズマスターです。

シンプルでありながら上品な雰囲気を感じさせる洗練されたデザインが特徴。今回はそんなハミルトンのジャズマスターの魅力をご紹介します。
ハミルトンのジャズマスターは、創業と同じ時期の1890年に生まれた同ブランドの代表作。アメリカ・ニューオリンズの伝統音楽であるジャズからインスピレーションを得ており、ジャズが奏でるハーモニーのような現代性と革新性をコンセプトとしています。洗練された大人の雰囲気を持つアイテムです。

また、ジャズマスターはトレンドに左右されない正統派かつエレガントなデザインが魅力。それでいてほどよいボリュームがあるため、腕にアクセントを加えられます。
ハミルトンのジャズマスターは、身につけることで上質かつ大人な男性を演出してくれます。アメリカンクラシックな雰囲気を持っており、落ち着いた印象を与えられるのが魅力です。腕元からさりげなく見せれば、その魅力的な部分を引き立ててくれます。
ジャズマスターはバリエーションが豊富。使われている素材やケースの形、文字盤のフォントもさまざまで、ファッションを問わず幅広い場面で活躍してくれます。中の歯車が透けて見えるデザインのモデルを揃えており、機械好きにはたまりません。
ハミルトンのジャズマスターは機能面が充実しているのも魅力です。ストップウォッチとして使えるクロノグラフや水に濡れても問題ない防水機能、そして暗いところでも時刻をラクに確認できる蛍光素材の採用など、モデルによってさまざまな機能が搭載されています。
シンプルで洗練されたデザインにブルーの針がアクセントとして効いているモデル。ベルトにはクロコダイル調の型押しレザーが採用されていてクラシカルな雰囲気を演出しています。

文字盤は爽やかですが、ベルトは革製で落ち着いておりバランスが取れているのが特徴。ビューマチックはジャズマスターの中でも人気が高いモデルなので、1本持っておくのがおすすめです。
ブラックとシルバーの組み合わせを採用したシンプルなモデル。年齢・ファッション・シーンを問わずに使えて便利です。ステンレスのベルトにはデコボコがあり、立体的なつくりに仕上げられています。

日常生活強化防水機能を搭載しているのが特徴。スーツにもよく馴染むデザインなので、ビジネスマンの方におすすめです。
ダイバーウォッチデザインのモデル。フォーマルな場面はもちろん、カジュアルな場面でも活躍してくれます。ジーンズ・シャツのコーディネートに少し上品さを加えたいというときに便利です。ワンタッチプッシュ式のベルトを採用しているのでラクに着脱が可能。忙しいときでもサッと着けられます。
クロノグラフタイプのジャズマスター。インダイヤルと呼ばれる小さな文字盤が3つ搭載されていますが、デザインがシンプルなのでごちゃついておらずさまざまなシーンで使えます。日常生活強化防水機能が搭載されており、多少の水濡れなら故障の心配がなく使えるのも魅力です。

腕時計内部の歯車が透けて見えるオープンハートタイプのモデル。ブラックの文字盤とレザーベルトでシックなデザインに仕上がっています。ケースのサイズは42mmと少々大きめなので、腕元にアクセントを持ってきたい方におすすめです。

ジャズマスターらしいクラシカルなデザインのモデル。ベルトの色はブラウンですが、文字盤の色にブラックを採用することで全体が引き締まっています。

腕元からさりげなく見せればおしゃれな雰囲気をアピールできるのが魅力。トラディショナルなファッションが好きな方には特におすすめです。

オールブラックで重厚感があるデザインのモデル。時間・日付・曜日がひと目で確認できるため便利です。クロノグラフ機能が付いているので、ストップウォッチとしても活用できます。主張しすぎない控えめな雰囲気なので、落ち着いた印象を与えたい方におすすめです。

丸みがあって柔らかい印象のモデル。男性・女性どちらが着用していても違和感のないデザインなので、カップルや夫婦で使うペアの腕時計として選ぶのもおすすめです。

日付表示が6時位置にあってアクセントとなっているのもポイント。アメリカンクラシックな雰囲気を楽しみたい方に適しています。

文字盤全てがスケルトン仕様でインパクトのあるモデル。表と裏の両面から歯車の動きを見て楽しめます。また、長針・短針には蛍光素材が採用されており、暗い場所でも時刻をしっかり確認できるのが特徴です。

ケースとベルトどちらもシンプルなシルバーなので、さまざまなコーディネートに合わせやすく、シーンや場所を問わずに使えます。

鮮やかなブルーの文字盤が都会的な雰囲気を演出しているモデル。日常生活強化防水機能を搭載しているため、多少の水濡れであれば耐えられます。スポーティーなデザインの腕時計を探している方におすすめです。

歴史と伝統があるハミルトンのジャズマスターは、魅力的な要素がたくさん詰まっている腕時計です。デザイン性が高いので、腕に着けるだけでなく眺めているだけでも楽しめるのが魅力。バリエーションが豊富なので、好みの1本が見つかります。プレゼントにも適しているので、ぜひチェックしてみてください。

第1回中国国際輸入貿易博覧会に

2018年第1回中国国際輸入貿易博覧会(International Imp報EXPO)は、貿易の自由化と経済のグローバル化をサポートすることを目指しており、世界各国が経済貿易交流協力を強化することを促進し、開放型の世界経済発展を推進することを目的としている。スイスの有名な製表のブランドのHUSTTの舶来表の栄光は今回の盛会に参加して、多くの角度はスイスの製表の業界の革新の精神を展示します。この期間中、宇舶来表は、スイスホテル管理教育集団ソメ教育グループとの枠組み提携協議を発表し、多方面の精製品業界の人材育成を推進し、高級品業界の未来指導者を形作ることを発表しました。

周知のように、スイスは非常に革新的な国であり、イノベーションも宇舶表ブランドの発展のベースと遺伝子で、スイスの高級製表業の現代と伝統的な融合の先の川を創始しました。過去数年の間に、世界の制表分野と商業分野の誇りによって、中日瑞自貿易協定調印と中瑞建交65周年の活動を果たした独家の腕時計協力パートナーとして選ばれました。そして、中国貿易協定の限定腕時計と古典的融合「中瑞建交65周年」の公式限定腕時計を発表しました。合作の画期的な発展。

第1回中国国際輸入貿易博覧会は、各国間の多様な貿易協力を強化するために独自の機会を提供し、スイスの国家館はスイスのイノベーションと生活様式の分野で最も代表的な要素を示しています。ライブハウスは、スイスの国家館の大きなハイライトで、その上を歩くことができるスイスの地図で、地域、文化、旅行の最前線に沿った3 Dの形を融合させ、その中には、ライブハウスにおいて、スイスニヨン(Nyon)の制表工場を見つけ、スイスを楽しむ独特の感官体験を楽しむことができる。

今回の開博会では、スイスからのソメ教育グループとの協力協議が正式に成立した。スイスホテルの管理教育は歴史が悠久で、世界でも有名で、就業能力を備えた信頼性の高い人材を育成することに力を入れています。ハイエンドホテルと高級品業界の新入生力の孵化器です。今回の国の舶来表とソメ教育グループの協力は、この教育グループが世界のホテルの教育業界の先頭に立っている地位や、体験型のぜいたく品業界の重要な消費的地位に着目し、新しい消費習慣に順応して、多様な人材の商業的視野と戦略的思考を強化する。また、ソメ教育グループ傘下の格リヨン(Gion)と理諾士(Les Roches)の2つのホテル管理学部は、全世界のホテル業に優れた人材を育成するために取り組んでいる。従来の視点の視点は現代教育に溶け込んでおり、未来の新たな力に対する宇舶表の期待と、未来を融合させる力を体現している。協力の一部として、持続可能な価値の重要性を教育することによって、宇舶表とソメ教育グループは「宇舶表奨学金」を発表した。この独特な奨学金は、条件に合った中国人留学生のために、学費減免およびスイスニヨン(Nyon)宇渡製表工場の実習の機会を提供する。

HUSTTの舶来表は、スイスの製表業としての創意の先鋒として、革新を続け、1枚のゴム腕から貴重な金属の腕時計が誕生し始め、「融合した芸術」というブランドの理念に終始している。天馬の空を集めた想像力と、一般的な天賦として、スイスの伝統的な製表の精緻な芸と、大胆に創作した現代素材を融合させ、優れた時計の佳作を鍛えた。「融合した芸術」は腕時計哲学だけではなく、芸術、音楽、スポーツ、自動車、ハイエンドライフスタイルなどの分野において、有名なリゾート地でも一格の融合の魅力を演じていない。

ロレックス運動が信頼性と回復力のある予想を運ぶということを知って

GeneveのLes職人は、DLC仕事を運動の部分と同様に金のパーツ(C - DECデGen - ve - veパターンで回転器を含む)で働きました。ロレックス運動が信頼性と回復力のある予想を運ぶということを知って、彼らが品質製品を確実にするために1年のコースの上で運動をテストしたLes職人は、Geneve州です。奇妙なことに、時計が軍事カフのストラップになっている場合は、ケースバックがカバーされ、動きへのビューがブロックされます。
これは、LK 01 Daytona -ストラップの最も物議を醸す側面の1つになりそうであることについて話すのによい時間です。手製のBerenia子牛革軍のカフ・ストラップは柔らかくて、私が扱ったので、革のひもの素晴らしく良いです、しかし、私はちょうど私がこれらのカフ・スタイル・ストラップのファンでなかったと言いました。彼らはちょうど私のものでありません、そして、これは異なりません。それが(現代の規格によって)Daytonaのかなり小さい40 mmの広いケースサイズが手首の上でより実質的により大きく見えるように、このひもの幅から来る利点が、あります。私がこの作品を見せたほとんどの人、または、私がそれを着ているのを見た人は、ストラップのファンでした。
幸いなことに、レズ職人はGeneveはこの時計でブラックDLCで行われたロレックスオイスターブレスレットが含まれていますので、あなたの好みや気分に応じてそれらを交換することができます。多分、ストラップを設計したレニー・クラヴィッツは、私ができるよりよくそれを引き離すことができます、しかし、私が本質的にブレスレットの上でそれを保つと言うのは、安全です。私の考えは、「これが黒いブレスレットの上に来たことを願います」と、それが来て、時計を置いた数分後に、そして、数分後にブレスレットを見つけることは、楽しい驚きでした。したがって、この場合、理想的な代用が含まれているので、私は軍事カフを使用するという決定を下すのは難しいです。
LK 01について本当にユニークなことは何ですか(そして、これは私がしばしば見ているとき、私がしばしば見ているものでありません)は、それが入って来る箱です。レザークラッドボックスもブルートゥースJBLスピーカー、クラビッツの音楽キャリアへの明確な敬意として機能します。予想通り、それは明らかに贅沢な製品のように感じて、扱えます。携帯性を許容するためにUSBポートで充電してください、それは持っているきちんとした余分です。たぶん、あなたも、友人や家族に時計を明らかにするためにボックスを開く前にテーマソングの演奏を得ることができます。
レズ職人はGeneve&KravitzデザインLK 01ロレックスDaytonaは目立つように設計されており、披露し、楽しい。デザインと実行では、それは非常によく考えられて、実行されます。レニーへの攻撃は、しかし、愛好家が有名人の間でのコラボレーションを考えて、カスタマイズカスタマーを見るとき(単独でカスタマイズされたローレードを聞かせ)、理由の様々なニージャーククリティカル反応があります。これは、Kravitzデザインロゴがダイヤルで押されるただ黒いロレックスだけでありません。それは、何か新しい、若々しい、楽しみを求めて、非常に特定のコレクターにアピールする贅沢な時計であり、注目と陰謀を引き付ける方法で珍しい。55枚の限定版で来て、LK 01は、3737800で売られます。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ